ダイバーシティメディア

023-624-5000 ユーザーサポート 広告掲載 2017年度新卒採用 ダイバーシティメディアfacebook

会社概要

代表挨拶

1994年、ケーブルテレビ山形は、多くの方々のご協力とご支援により、山形市に誕生しました。
当時は「ケーブルテレビ」という言葉すら、耳に馴染みがなかった時代であり、山形県では米沢市に次いで2番目のケーブルテレビ会社の設立となりました。
 
その後、自分で好きな時に好きなチャンネルを選べる、スポーツや映画や音楽などの多くの専門チャンネルから“選択”できるという、ケーブルテレビの多チャンネル化(現在では64チャンネルを放送中)が、少しずつ地域の皆さんから受け入れられていきました。
現在は、全国総世帯数に占めるケーブルテレビ局への加入数は2,918万世帯にのぼり、普及率52.5%に達しており、国民の半数以上が各地区のケーブルテレビ局を通して、テレビライフを楽しんで頂いております。
 
また、1999年からはインターネットサービスも開始し、多チャンネル放送とインターネット配信を一緒にご家庭まで届けられるようになり、『放送と通信の融合』の時代に突入しました。
その流れは、2014年開始のケーブルラインサービスや、2015年開始のダイバー光ネットサービスという、今まではNTT様が単独で行っていた電話事業やフレッツ光サービスに代わるサービス内容を提供できるまで進んできました。
 
さらには、『フェイスブック』や『ツイッター』、『ユーチューブ』などのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報発信や、『アクトビラ』『みるプラス』などのレンタルビデオ店のように自分が見たい番組や映画を選択し、その分だけの料金しか発生しないという、ペイパービューサービスも開始しております。
 
プロバスケットボールチームの『パスラボ山形ワイヴァンズ』のスポーツ会社の運営や、『ムービーオンやまがた』の映画事業との関わりなど、リアルメディアとも連携し、事業は多様化の一途をたどっています。
 
しかし、これはテレビだけではなく、パソコン、タブレット、スマートフォン、シアタースクリーンという、視聴形態が、5つの出口〈ファイブスクリーン化〉になってきているという国民のニーズへの対応、利用者目線による組立てが、会社の“体”を変化させていると確信しております。
 
今まさに、時代の要請や、社会の潮流に適応した会社運営が求められ、特にメディア企業の場合は、お客様が映像や音楽や情報を、どのツールで受けとられるのかが大切であると思います。
 
2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の4K放送や、スマートフォンでも様々な映像が視聴できる中、それに対応したライフスタイルの多様性、人々の思考や行動の多様性、社会の形態の多様性を取り入れることが求められています。
 
 『ケーブルテレビ山形』は、『ダイバーシティメディア』として、2016年1月1日より会社名を変更し、新しく事業展開を図っていく所存です。
 
 長らくご愛顧頂きました『ケーブルテレビ山形』という愛すべき名前を大切にしながら、『ダイバーシティメディア』として、より複雑化し、多様化した社会や、人々の心の中に、しっかりと大切なエッセンスを届けられる企業として、役職員一同、全力で邁進していく覚悟でございますので、これからも変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 
 
株式会社ダイバーシティメディア
代表取締役社長 吉村和文

n

ダイバーシティメディアとは

 ダイバーシティ(Diversity)は、日本語では多様性と訳される。「個々の違いにこそ価値がある」という考え方で、「色々な違いを持った多様な人達が受け入れられている」ことを意味する。「多様な個性を持つ人々がそれぞれの強みをいかし、互いに連携しながら、組織や社会で活躍し成長している」状態のこと。

 ダイバーシティには「多様な人達」と「受け入れられている」という2つの重要な要素が含まれている。「受け入れられている」ことの重要さと難しさがより認識されていくようになって、ダイバーシティは「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の2つに分けて言われることが多くなった。

 1.ダイバーシティ(狭義)の意味
 「個性を際立たせる違い」にはどういう要素があるのか。日本では、ダイバーシティと言えば女性活躍と思われることも多いが、それだけではない。性別、年齢、人種、文化、宗教、国籍、言語、身体能力、経験、スキル、職務による特長、価値観など様々。例えば、性別にもジェンダー、性的自己認識などが含まれるように、表に見える違いだけではない。また、見方を変えると「違い」を特徴づける「共通点」があるということでもある。傾向として共通点を見出すことができ、一人ひとりの個性を形作る元となっている。

 2.ダイバーシティの価値
 そのような違いを持った人達がいることで、どのような価値が生まれるのか。異なる視点や経験、考え方を持つ人達がいれば、違った角度からの様々なアイディアが出てくる。そのアイディアが刺激となって創造性の元となり、新しい製品や新しい仕組みが創り出され、企業や組織の成長や利益につながり、イノベーションを起こす可能性が高まる。
 
 

シンボルロゴマーク

logo

ロゴデザインについて

ダイバーシティとは「多様性」を意味します。それぞれが異なる形や模様をしている5つ球体が合わさることで、その「多様性」を表現しています。また、この5つは「テレビ」「パソコン」「モバイル」「タブレット」そして映画の「スクリーン」の5つのデバイスを意味し、お客様とコンテンツを繋ぐ窓となります。
青はシャガール・ブルーを用い、青と緑、いわゆるアースカラーを選んだのは、地球の色合い=地域を大切にすること、そして地方から世界へと発信していく新しいメディアとしての想い、その両方が込められているものです。中央の球体には「D」と「M」の文字が隠されており、これは「DiversityMedia」の頭文字をとっています。これら球体の組み合わせは、ロゴ単体だけではなく、様々なデザインにおいて自由度高く組み合わせることが可能です。ロゴデザインという概念だけに留まらず、必要な際に自由にデザインできる「多様性」を自ら体現しています。

会社概要

会社名称 株式会社ダイバーシティメディア
代表者名 代表取締役社長 吉村和文
住所 〒990-0025 山形県山形市あこや町1-2-4
設立日 平成4年9月14日
開局日 平成6年10月1日
資本金 800,000,000円
事業内容 テレビサービス、インターネットサービス、広告、イベント企画・プロデュース、番組制作、VP制作・販売、コマース事業
役員一覧
代表取締役 社長 吉村 和文 (株)MOVIE ON 代表取締役社長
(株)パスラボ 代表取締役社長
(株)バーチャルシティやまがた 代表取締役社長
(株)東北ケーブルテレビネットワーク 代表取締役社長
専務取締役 笹原 美喜夫 岩手ケーブルテレビジョン(株) 代表取締役
(株)パスラボ 代表取締役副社長
常務取締役 奥出 潔 (株)MOVIE ON 取締役
(株)パスラボ 取締役
取締役 五十嵐 信 五十嵐物産株式会社 代表取締役社長
取締役 野口 勝彦 (有)野口商事 代表取締役社長
取締役 鈴木 浩司 (株)鈴木油店 代表取締役社長
取締役 清野 寿啓 山形パナソニック(株) 代表取締役社長
取締役 會津 圭一郎 東北電化工業(株) 代表取締役社長
取締役 菅野 佑吉 山形ヤクルト販売(株) 代表取締役社長
取締役 吉田 淳一 営業局局長
取締役 高橋 俊行 (株)MOVIE ON 常務取締役
取締役 吉村 和康 メディア戦略局局長
監査役 樋口 孝司
監査役 葦原 正憲 宗教法人 長源寺住職
監査役 伊勢 和正 山形ワシントンホテル(株) 代表取締役社長

沿革


  • H 4. 9 ケーブルテレビ山形設立(資本金1億円)
  • H 5. 9 有線テレビジョン放送施設設置許可取得
  • H 6.10 第1期エリア開局
  • H 9. 5 天童市エリア放送開始
  • H10.11 第1種電気通信事業許可取得
  • H11. 4 インターネットサービス開始
  • H12. 5 全国初CATVコミュニティドラマ連続ドラマ「風の吹く街(全13話)」放送(後にCSで放送)
  • H12.11 新社屋完成
  • H13.12 株式会社バーチャルシティやまがた設立(山形市民カード民間ポイントの運営)
  • H16.10 株式会社MOVIE ON設立
  • H17.10 第1回山形国際ムービーフェスティバル(YMF2005)開催
  • H17.12 デジタル放送サービス開始
  • H18. 4 株式会社東北ケーブルテレビネットワーク設立
  • H19.12 OFDM放送開始
  • H19.12 岩手ケーブルテレビジョンと資本・業務提携
  • H20. 3 ケーブルテレビ山形グループ協力企業会設立
  • H20. 4 シネコン『MOVIE ONやまがた』オープン(10スクリーン)
  • H21. 2 NTT東日本と日本で初めての協業による事業発表
  • H21. 8 電気通信役務利用放送事業者として登録(現:有線一般放送事業)
  • H21. 9 「ケーブルテレビ&フレッツ光」事業開始NTT東日本との協業事業として、上山市、寒河江市、山辺町、中山町、河北町の約37,000世帯を対象にサービス開始
  • H23. 3 市民チャンネル 東日本大震災「生活関連情報」を3月12日より生放送開始(H23.5月末日まで)
  • H23. 9 「yamagata Vcity」(現:東北サプライズ商店街)サービス開始
  • H25.12 アクトビラ「がんばれ!東北ch」(現:プロレス・バスケチャンネル)配信開始
  • H26.10 「ケーブルライン」サービス開始
  • H27. 5 「ダイバー光」サービス開始
  • H27.11 第11回山形国際ムービーフェスティバル(YMF2015)開催(2005年より毎年秋に開催)
  • H28. 1 「株式会社ダイバーシティメディア」に会社名変更

 
 
契約約款
 
決算公告

PAGE TOP